FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忍び寄る恐怖2

『プルルルルル!!』

ラン:ハロー

電話の向こうから男の声が聞こえる。

しまった!!!!

予想通りだった。

男:おい、女が来てるぞ!!!

フロントからの電話でフロントに女が来ていると伝えられた。

男:電話代わるぞ。

カエルさんしか居ない。。。カエルさんしか。。。。

カエル:ラン!!!

どうしようもなくなった僕は電話を切る。
切っても再び鳴り続ける電話。

こうなったら仕方が無い。
受話器を上げて話し中作戦。
逃げるしか無い。

だって、ナナコ部屋に居るから部屋に来られても困るし、ボクシングも困るし。。。

ベッドに戻って、ナナコに報告。
嘘言ってもバレバレなので、本当の事を話す。

ラン:昨日一緒だった女が今フロントに来ている。でも、僕は約束もしてないし、ナナコと一緒に居たい。

ナナコ:ランはプレイボーイだね。

さっきまで口説いていた言葉は全て無効になりました。

でも今は関係ない。本当にカエルの事が怖くなってきて、

今のこのシチュエーション、ブログで見た事ある!!

っていう感じでした。

部屋にはカードが無いと上がって来れないから、とりあえずは安心。
受話器を上げたままナナコと続行。。。

は出来ない。

ラン!!! ラン!!!!

外からもの凄い叫び声が聞こえてくる。
部屋の明かりを消して、ゆっくりカーテンを開けてみて見ると、、、、
カエルがもの凄い大声で叫んでいる。

ナナコも僕も唖然として、ヤルどころの話ではなくなって来た。
しばらくして、叫び声がなくなる。

諦めて帰ったかな。

内線を使って、ムー先輩に連絡してみることに。

つづく
にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

にほんブログ村 タイナイトライフ情報(ノンアダルト)
にほんブログ村 海外生活ブログへ

comment

Secret

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

ブログランキング

FC2カウンター

為替レート

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。